城下町の成り立ち

城下町の成り立ち

 湿地の乾燥化が進んだ後、肥沃な土地は農耕に適し、農業が盛んに行われるようになりました。 志賀氏の時代の城下町は、岡城の東側にあたる十川(そうがわ)にありました。

その後、中川家が播州三木(兵庫県三木市)から、豊後岡藩に移されて、現在の市街地ができました。 当時、玉来(たまらい)や十側地区の住民を移住させたので、十側の町は「まぼろしの城下町」と呼ばれています。

竹田は盆地で、トンネルが多いため、レンコン町と言われています。

*写真をクリックすると拡大されます。


 竹田市 観光案内ページに戻る 

大分県観光 竹田合同タクシー電話番号(代表)0974-63-4141



タクシー運転手募集中

未経験・兼業OK!中・高齢者 積極的に採用します!
本社は、JR豊後竹田駅前。お気軽に面接へお越しください。
散策したりご飯を食べながら仕事についてお話しましょう!

 タクシー運転手に応募する!詳しくはこちら 

[電話でのお問い合わせ]

電話:0974-62-2879