岡城址(跡)

岡城址(跡)

 

 西暦1185年、緒方三郎惟栄(おがたさぶろうこれよし)が源義経を迎えるため、 陣を置いたのが、始めとされています。1185年と言いますと下関の壇ノ浦で源平合戦が行われた時です。 戦には勝った義経でしたが、合戦のやり方で兄頼朝(よりとも)の怒りを受け、都を追われる立場となりました。 それを知った緒方三郎惟栄は、義経に九州に来るよう、手紙を出しました。 早速、瀬戸内海を船で、航行中大物浦の沖で難破し、本州に戻り逃避行が続きます。 緒方三郎惟栄は源義経をかくまうよう、画策した罪を受け、群馬県に流されました。

それから145年たち、大友の士族である志賀貞朝が館を造り、次第に増築を重ねて、 岡藩を興し、居城を岡城と命名しました。志賀氏は17代255年続きました。 1594年、中川秀成侯が兵庫県三木市から、岡城へ入場。 13代を経て廃藩置県の明治4年まで、277年続いた。 岡城の約700年の歴史の中で、一番の戦いといえば、志賀氏17代親次の時、 島津義弘の軍勢3万400の兵に対し、岡藩士1000名で城を護りきったことで、 難攻不落の城、日本三堅城の一つに数えられている。


岡城址(跡)の動画

春 桜満開の岡城址(跡)


春 岡城桜まつり 大名行列 甲冑武者行列他


秋 紅葉に燃える岡城址(跡)


滝廉太郎像がある岡城二の丸


二の丸・三の丸の藤棚


 竹田市 観光案内ページに戻る 

大分県観光 竹田合同タクシー電話番号(代表)0974-63-4141



タクシー運転手募集中

未経験・兼業OK!中・高齢者 積極的に採用します!
本社は、JR豊後竹田駅前。お気軽に面接へお越しください。
散策したりご飯を食べながら仕事についてお話しましょう!

 タクシー運転手に応募する!詳しくはこちら 

[電話でのお問い合わせ]

電話:0974-62-2879